FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.04
Sat
平治の乱に敗れ、重症を負い美濃、青墓の宿で自害した少年武将、源朝長の悲痛な最期を青墓の長者が痛切この上もなく語る。
観音懺法を読み弔う僧の前に現れた朝長の亡霊が乱の顛末、青墓の長者の温情を語り、自刃の様を語る。型は少ないが厚みの迫る名作。

嵯峨、清凉寺の僧が美濃、青墓の朝長の墓所を訊ねる。
青墓の長者は七日毎に朝長の供養に墓前を訪れていた。今日はその日、墓前に供える木の葉を持って訪れ、過ぎ去った時を思い、朝長を偲ぶ。
長者は墓前で読経し涙を流す僧に気が付き不審する。僧は朝長の乳母子、乳兄弟であった。
二人は辺りの景色を共に眺める。早春の青野が原は枯れ葉のみ、緑のない荒涼とした原野は朝長の最期を写しているようであった。
僧は朝長の最期を聞きたいという。
青墓の長者が語る朝長の最後は悲痛極まりないものであった。

「暮れの八日の夜、長者の門を荒々しく叩く音がする。乱に破れて落ちる途中の義朝と次子朝長、郎党四、五人であった。朝長は膝頭を矢で射貫かれ苦しんでいた。
夜更け人も寝静まり、静寂の中から朝長の声で、南無阿弥陀仏、と念仏二声が聞こえた。郎党、鎌田の知らせに義朝が駆け付けると朝長は既に割腹、血は肌着を真っ赤に染め目も当てられない有様であった。どうして自害をと問う義朝に、絶え絶えの息の下から、落ち延びる途中で敵に遭遇したならば犬死するだろう、雑兵の手にかかることはいかにも悔しい、行く末をも見届けず不甲斐ないことです、それではお暇を頂きます。これが最後の言葉だった」

長者は僧を伴い青墓の宿に帰る。
長者の使用人(アイ)が僧に義朝の身内の悲劇を語る。
嫡子、義平は捕らえられて殺され、十三才の次男頼朝は疲れで一行に遅れて行方知れずとなった。統領、義朝は家人長田の庄司宗忠に殺された。
この青墓の長者は延寿といい義朝との間に十才の娘、夜叉御前を持つ間柄だった。

僧は生前朝長が尊んでいた観音懺法を読み供養する。
僧の読経に呼応するかのように偈を唱え朝長の幽霊が現れ、僧の観音懺法の弔いを感謝する。昔は源氏、平家相共に朝廷を護り治まる世を助けて来たが保元の乱、この度の平治の乱で世は乱れたと嘆き、一族の劇的な最期を語る。
「一切の男子をば父と頼み、万の女人を生々の母と思え」経典の文言を引き青墓の長者の恩を語る。だが甲冑姿の朝長の姿に憤怒の色が濃い。魂は浄土に行ったが魄は修羅道に落ちて苦しみを受けているのだ。
大崩の地で膝頭を深く射抜かれ自害をせざるを得なかった無念を見せ、僧に回向を頼み消え失せる。

青墓の長者が朝長の最期を悲痛この上もなく語る「語り」、この能の核心でもある。
臨場感溢れるこの曲の長文の「語り」は数ある「語り」に傑出している。
「夜更け人静まって、朝長の御声にて、南無阿弥陀仏と二声のたもう。鎌田殿参り」
真夜中のしじまの中から微かに聞こえる念仏、朝長の自刃を悟って慌てふためいて駆けつける足音が聞こえるようだ。

長者とは宿駅の宿の女主人。この青墓の長者は朝長の父、義朝との間に娘もある間柄だった。能「葵上」では六条御息所が恋敵の光源氏の正妻、葵上を呪い殺す。
朝長は義朝の正妻の子、青墓の長者は朝長を憎みこそすれ、その慈しみが不思議なほどだ。人間としての度量に胸が痛い。朝長の死を悼み七日毎に墓前に参り回向する。長者の慈愛がこの曲の主題とも思える程だ。
修羅物、二番目物に分類されるが異質のようにも思える。「能は一曲毎に違う。分類は便宜上のものだ。一曲の中身だけを吟味して舞え」亡師の教えが蘇る。

朝長は十六才の少年。少年武将の能には「敦盛」「常政」がある。これらの曲は「黄鐘早舞」や「カケリ」を舞う。多分に華やかさがある。「朝長」には華やかさが微塵もなく、あまりの悲惨故か少年を題材にした能としては心の重圧が重すぎる。中将の面を掛けるのはその故だろう。小書きに「懺法(せんぽう)」がある。大掛かりな小書きで、特に太鼓方の秘事が重く扱われる。太鼓の調緒の締め方に秘事があり、常の澄んだ音が常とは異なった音を響かせる。割腹した朝長の淀んだ血の色が思われる。

平治物語には父、義朝が手にかけたことになっているという。前場の語りに「雑兵の手にかからん事あまりに口惜う候へば」とあるのは父、義朝の心中だろうか。
青墓の長者に、この凄惨な事実を語らせることは酷過ぎたのであろうし傑出した語りとはならなかったかも知れない。
平治物語に「頭殿(義朝)、いかに朝長はと宣へば、存知候とて、合掌して念仏申されければ、障子をあけて入り給ひ、胸もとを三刀さしてくびをかき、むくろにさしつぎ、きぬ引きかけて出でたもう」とある。

朝長の父、義朝は皇位継承の争いの保元の乱に加わり武士の名を挙げたが続いて起こった保元の乱で宿敵、平清盛に敗れ敗走中、家臣の長田に殺された。
義朝の三男頼朝は捕らえられたが平清盛の継母、池禅尼の尽力で一命を助けられ後に鎌倉幕府を開いた。
幼名、牛若丸、源義経は異母弟。母は常盤御前、容色殊に優れ九条家の雑仕女だったが義朝に見出され、今若、乙若、牛若を産んだ。平治の乱後、三児を連れ雪の中を逃げ惑ったが、捕らえられていた母を救うため六波羅に自首、清盛の寵愛を受け女子を産んだ。清盛の死後、大蔵卿藤原長成に嫁し能成を産んだ。波乱の人生も然りながら平安の女性の生命力に驚かされる。
保元、平治の乱は武士の台頭の契機となったという。

11.04
Sat
捨てられた老女の死の残酷と、抑えがたい人の情念を去り、月の光と共に人の死を清らかに描き、昇華させた至高の名作。

「わが心、なぐさめかねつ更科や、姨捨山に照る月を見て」
古今集、詠み人知らずの歌が典拠だという。
姨捨山は月の名所として古くから知られていた。
山麓の棚田の一枚毎に映る「田毎の月」も知られた名所であり、善光寺も程近く都鄙の人々の憧れの地だったのだろう。

善光寺参りの陸奥、信夫の男連れが姨捨山の名所の月を土産話にと立ち寄る。
中年の女が、今夜は中秋の名月、空も晴れ渡りどんなにか月が美しい事だろうと呼びかけ現れる。女は男たちの望みのままに姨捨の跡に案内し、捨てられた老女達の執心の残る後を共に偲ぶ。
女は住家を問われ「その古も捨てられて、唯一人この山に澄む(住む)月の名の秋毎に、執心の闇を晴らさんと、今宵現れ出でたり」と言葉を残し姿を消す。

更科の里の男が月を見にやって来る。里人は信夫の人達に姨捨の故事を語り、先の女は捨てられた老婆の執心の霊であろう、折しも名月、夜遊をなして待てば再び現れるだろうと云って立ち去る。

信夫の男達はたぐい稀に澄み渡る名所の月を堪能する。
やがて、「かつて見たこともないほど見事な姥捨山の月、その昔の同じ月とは思えない」
と呟きながら白衣の老女が、夢か現か、おぼろ、朧と姿を現わす。
不思議がる信夫の男に白衣の老女は、夕暮れに現れた女だがだと名乗り、さらば月の夜遊を共にと誘う信夫の男に、老いの身は恥ずかしいがここは姨捨、我が住み所であると云い共に草を敷き花に伏して夜遊に興ずる。

類稀な月の光に、話しは月が勢至菩薩と仰がれる所以に及び更に浄土の有難い景色に及ぶ。
老女は浄土の如き景色の中で静かに昔を偲ぶ舞を舞う。
やがて夜も明け旅人は帰って行き、老女の霊はこの山に昔の如く留まり山も昔の如く姨捨の山だった。

前シテは色無し唐織の着流しに面は曲見、落ち着いた美しさだ。
後の白衣の老女の姿を重ねあわせ味わい深い。中入りも情緒深い。深い執心の心の闇をこの山の月の光で清めるため秋毎に現れるのだと、言い残し幕に入る。
後シテの老女は杖を突き白衣を着月光を全身に浴び、白く輝くかのように現れる。
正しく浄土の人。
橋掛かりに佇み、月見の人に呼び掛け、向こうに見える桂の大木が姨捨の跡だと教え、捨てられた老女たちの執心が今も残っているのだと舞台に入る。地謡が姥捨ての情景を情緒深く歌う。

所の者が姥捨て伝説の惨忍を語る。姥捨て伝説は、大和物語、今昔物語、俊頼髄脳などにあると云う。所の者の語りもおおよそこれらの物語の内容を語る。
姨捨伝説の惨忍の部分は、前後の場には皆無と云っていい程であり「捨てられし程の身を知らで、また姨捨の山に出でて、おもてを更科の月に見ゆるも恥ずかしや」とある程度だ。これがこの曲を清浄に透明化している要因でもあろうか。

クセでは月は本持仏としての勢至菩薩であることから説き起こし浄土の景色を語る。
姨捨山は浄土と化す。姨捨山浄土でシテ、姥の霊は静かに「序ノ舞」を舞う。
「序ノ舞」は優艶な舞だが一工夫がある。扇を左に抱き安座して月を見る。舞は浄土の舞となる。

11.04
Sat

翁(おきな)

カテゴリ:
「翁」は天下泰平、国土安穏、五穀豊穣、を祝福、祈念する能であって、能にして能に非ずと云われる。祈祷と祝福を主眼とする故だろうか。演劇性は希薄で能、翁の詞章である謡は特に「神歌(かみうた)」と称する。
開演直前には客席の扉が閉ざされ入場出来ない。神事色が濃く観客にも自制が求められる。
翁を勤める太夫は別室で過ごし食事も別火と称して太夫だけの食事を作る。
鏡の間には翁飾りと呼ばれる祭壇を設け、お神酒、人の命を繋ぐ象徴として、洗い米、塩を供え面、鈴を入れた面箱を飾る。
出演者全員、鏡の間に居並びお神酒、洗い米を頂き、塩で身を清める。
囃方、地謡、後見は第一級の礼装、素袍、侍烏帽子を着る。

舞台は式三番と称して翁、千歳、三番叟の三つに分かれる。
幕が上がる直前に火打石で切り火を打ち、舞台のみならず全てを清める。
面箱を捧げ持った千歳、翁、三番叟、他出演者が続いて出、翁は舞台正面先に出て下に居深々と辞儀をする。橋掛かりに居並ぶ出演者一同、じぎする。

三人連調の小鼓につれて翁は「とうとうたらりたらりら、たらりあがりららりどう」と謡う。その意味、出典は分からないという。呪文の類に聞こえる。
つづいて「鶴と亀との齢にて」と謡い長寿を祈願、祝福する。
小鼓方三人で囃すのも翁のみ。
千歳が立ち「鳴るは滝の水、日は照るとも」と謡い、颯爽と「千歳之舞」を舞う。
昔は農耕社会であった。雨露の恵みを祝福する舞だろうか。千歳の舞の内に、翁は面箱の面を自身でつける。面を舞台で付けるのもこの能だけ。
翁の面は神聖であって面をつけた瞬間、翁は神格を帯びるとされる。
翁の舞は神聖な舞であり特に「神楽(かみがく)」と呼ばれ、他の能の型とは趣を異にする。

翁は「万歳楽」と祝意を述べ、面を外し舞台正面に出て深々と辞儀、幕に入る。
「翁返り」と呼ばれる。通常の能はこれで終曲となるが、三番叟が後をつぎ、笛と大鼓が加わり祝言色華やかに「揉之段」を舞い、いったんクツロギ黒式尉の面を着け鈴を持ち一そう華やかに「鈴之段」を舞い、納める。千歳と三番叟は狂言方が勤める。

10.28
Sat
古今集の序に「松虫の音に友を偲び」から想を得て作ったといわれる能。
酒の徳を情緒深く描いて仲立ちに、若い二人の男の友情を作った能。

摂津国、阿倍野の市で酒を売る男の所に若い男が仲間を連れて酒を飲みに来る。
酒売りは、曰くありげな男の素性を今日こそ訊ねようと待っている。
昔の懐かしい友との思い出の秋がやって来たと呟きながら男が現れる。

男は面をつけない下面。市井の若い男の面はない。若い武将か若い貴族の面だけ。
だが面がないという理由はそれだけではない。下面にした演出には思わぬ意外な効果もある。この物語の時代、中世は同性愛が流行ったという。この能も同性愛的慕情を作った作品であるというのが一般的だ。
おおかたの人に経験があろうかと思うが純粋な友情もある。前シテの下面が混じ気のない清らかな友情と見える向きもあろう。

男は暮れて行く阿倍野の辺りの佇まいを謡い語る。ここ阿倍野が物語の舞台なのだ。
能はこうした地味な場面を積み重ね核心に導く。
この一つ一つを吟味、味わい核心を待つ、能が大切にする序破急でもあろう。

酒売りは男に、今日は何時もより酒をたくさん用意した。遊楽、遊舞、和歌を尽して楽しんで欲しい、早く帰ってはいけないという。
男は、友と酒を酌み交わし心を通わせればこの市で買い得た唯一の宝だと答える。
男の酒への賛美が心に沁みる。
酒売りは「松虫の音に友を偲ぶ」という男の言葉の端を訊ねる。
「死なば諸共にと思うほどの友人がいた。ある夜二人でこの阿倍野の松葉を通りかかると
松虫の音が美しかった。友が松虫の音に引かれて松原に分け入った。待てども帰らない。友は露の置く草の上に空しくなっていた。仕方なくこの松陰の土中に埋めたが古今集にいうように友を偲ぶ心は浮名となって世に漏れたのです。秋になり松虫が集きだし、その音に誘われて友を慕い亡霊となって現れたのです」
告白して悄然と立ち去る若者の後ろ影に友を思う純粋な心情が滲み出る。

経に引かれて男の幽霊が姿を現す。
顔を覆い隠すほどの頭髪、黒頭に幽霊の面、怪士(あやかし)、前場とはガラリと変わる。
男の幽霊は友情の何たるかを説き、故事を例に酒を酌み交わして作る友人との交わりの深さを語る。
男の霊は友を偲ぶ舞を舞い虫の音に戯れ舞い茫々と茂る草に鳴く虫の音に誘われるように消え失せる。

男の霊の舞は「黄鐘早舞」。他に一例あるのみ。この類いの能の舞は、苦患や狂乱を表す「カケリ」や「働き」などが舞われるのが通例。
黄鐘早舞は盤鐘早舞を意識した舞だという。盤鐘早舞は貴人、雲上人の舞。
この曲は若い男の友情をクセとキリに、豊かな情緒で歌いあげる。それに相応しい舞は早舞であろう。男は下賤の者、位を落として「黄鐘早舞」としたと思われる。

キリで松虫の音を「リンリンりんとして夜の声」と謡う。松虫の鳴き声は俗にチンチロリン。鈴虫はリ~ンリ~ン。松虫は鈴虫の古名だという。
08.13
Sun
桜は古くから最も日本人に親しまれてきた花です。能では聖君の元での天下太平を「吹く風枝を鳴らさず」と謡います。枝は桜の枝だと思いたいところです。
勿論深刻な能にも桜は登場しますが桜の華やかなイメージが物語に和らぎと深みを与えてくれます。
「嵐山」は天下太平国土安穏を寿ぐ能です。桜が平和と繁栄を象徴しています。

桜の名所、嵐山の桜は吉野の桜を移植したのが始まりです。
嵐山の桜の様子を見てくるようにとの宣旨を受け、勅使が嵐山を訪れます。
嵐山では老夫婦が満開の花を愛で、木の下を掃き清め、そのうえ信心の気配さえ見えます。
不審する勅使に、嵐山の桜は吉野の桜を移し、吉野の二柱の神、子守、勝手の神が来臨する神木であると老人は答えます。
勅使はさらに、桜の花が最も恐れるものは嵐なのに如何して嵐山を桜の名所にしたのかと不審する。名は嵐でも聖君の御代、たとい嵐でも花は散りますまい、老人の答えは明快だった。
老人夫婦は、我々は子守、勝手の神であると名乗り、吉野や嵐山の景勝は神徳の具現であると謡いつつ南の方角、吉野の方へ行ってしまいます。

蔵王権現の末社の神が現れ、吉野の桜を嵐山に移植した由来も語り、子守勝手の二神に勅使を慰めよと命じられたと舞を舞います。

やがてゆったりとした囃、下端(さがりは)に乗って桜の枝を持ち、子守勝手の二神が本体を現し、二神が守った嵐山の花盛りと美景を賛で舞を舞います(中の舞)。舞は神楽を奏する心で舞われるといいます。

神楽の秘曲も度重なり、やがて秘曲に引かれて芳香漂い,瑞雲棚引き、金色の光輝き、蔵王権現が姿を現します。
蔵王権現は諸神の中の荒神、あの世この世に迷う衆生を助け、蓮の葉の如き青い目から光を放って国土を隈なく照らして衆生を救うのだと豪快に舞い満開の桜を賛で、治まる御代を寿ぎます。

蔵王権現は日本で作られた神です。役行者が金峯山の修行中、お告げにより作られたと云います。修験道の本拠、吉野金峯山寺の本尊です。役行者は名を優婆塞(うばそく)また小角(おずの)と云い奈良時代の人で山岳信仰、修験道の祖です。

蔵王権現像は怒髪天を突き、憤怒の形相恐ろしくその形相は悪魔を威嚇、高く上げた右の手足は苦海の衆生を救う姿と云います。
インド渡来の仏教色が濃いが、神仏混交の思想も混じり修験道では550年頃の天皇、安閑天皇を神格化して蔵王権現としています。神道では神代の神々を蔵王権現としています。
明治の廃仏毀釈の難では金峯山寺と末寺を日本の神の社として乗り切ったと云います。
安閑天皇は能「花筐」、継体天皇の第一皇子です。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。