FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.15
Wed
月や雨は風雅の代表的なものとして、詩歌に詠まれ歌に歌われてきました。
平安後期を代表する歌人、西行法師は和歌の守護神でもある住吉の明神に参詣のため住吉の浦に辿り着きます。
日が暮れたので辺りの家に宿を乞う。家には老夫婦がいました。
老翁はあまりにも見苦しい庵なのでと断ります。見苦しい理由はこうです。
老翁は軒を叩く雨の音が聞きたいから破れた軒を葺きたいといい、姥は破れた軒から漏れる月を見たいから葺かないと争い、
結局屋根は葺かず破れたまま。このような家にどうして泊めることが出来ようかというのです。
老翁はつくづくと軒を見上げ独り言に「賤が軒端を葺きぞわづらうと」と呟く。
老翁は独り言が歌の上の句になっていることに気が付き、西行に下の句を付ければ宿を貸そうといいます。
「月は漏れ、雨は溜まれと兎に角に」と西行。
家の有様を読んで完璧な一首が完成、三人唱和して吟じます「月は洩れ雨は溜まれと兎に角に、賤が軒端を葺きぞわずらう」
折しも中秋、月も美しく破れ軒から漏れて白楽天の詩の心が偲ばれ、軒端の松を吹く風の音は軒の板を打つ村雨のように聞こえます。
このような夜は砧を打つのが相応しいと老夫婦は砧を打つ歌を謡い、翁は立ち上がり舞います。
やがて夜も更け老夫婦は静かに寝所に入ります。

住吉明神の末社の神が現れ、老夫婦は住吉明神の化身であり、西行に和歌の極意を授けるため軒端の板を葺き葺かずなどを見せたのだと夢の中にある西行に告げます。

やがて荘重な囃に乗って、明神が乘り移った宮人が現れ西行が巧みに下の句を付けたことを喜び、厳粛に舞をまい神慮を見せます。

西行は自然派の大詩人。西行が目指した風雅な世界を、軒の葺き葺かず、砧の場を中心に描き出します。
住吉明神は和歌の守護神。西行は「我、宿願の子細あるにより」明神に参詣しました。
前場の老夫婦は身分を名乗らず、匂わさず中入りしますがアイ狂言の案内なしにもその風格からも明神の化身であることは察せられます。
前シテの老翁は面、小尉、着付は小格子で神の化身の出立であり、後場のシテは明神が憑いた宮人ですが、面は石王尉、白垂(白髪)、初冠の神の装いでです。観る側は神そのものと観るように思われます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。