FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04.23
Sat
昔、在原業平が妻を偲び涙を流して渡ったという東国の果ての大河、隅田川。この物語の舞台です。都の女は人攫にさらわれた我が子を訪ねこの隅田川にたどり着き子の死を知る。
言葉を尽くし思いを尽くし母の嘆きを描く。

このところの雨続きで水嵩が増しています。この川の渡しの渡守は、そう多くは往復できない、一度に少しでも多く渡そうと旅人を待っています。
渡し守は身分不相応の素袍姿です。この曲の格に依るのでしょう。
旅の商人に続いて、狂女が渡しにやって来ます。大勢の見物の人を引き連れています。
女は笹を肩にしています。笹は狂女専用の持ち物です。
女は都、北白河の人で人買いに我が子を掠われて心が乱れ、子を求めてこの隅田川まで下って来たのです。女は我が子を思う親の心境をしみじみと謡い、子の所在を気使う「カケリ」を舞います。
 女は渡守に舟に乗せてくれるよう頼みます。渡守は、お前は狂女だろう、面白く狂ったら乗せてやろうといいます。すかさず女は、隅田川の渡守ならば「日も暮るる舟に乘れ」というべきでしょう、と伊勢物語を引いて切り返します。女はさらに、水面の白い鳥の名を渡守に尋ねます。渡守は、あれは鴎だと答えます。女はたとえ鴎であっても、この隅田川の白い鳥をどうして都鳥と答えないのかと又も伊勢物語を引いて渡し守を遣り込めます。「狂い」の序曲です。
能の狂女はその所の、名所、名物をネタに即興の「狂い」を見せ人を集めます。路銀調達と、子の情報収集などのためだったのかも知れません。伊勢物語は特上のネタです。
女は渡し守の要望に応え、東の果てのこの隅田川までやって来て妻を偲んだ在原業平に我が身を重ねた「狂い」を見せます。
笠に手をかけ「遠くも来ぬるものかな」と遠望し、「我が思ひ子はありやなしやと問えども答えぬはうたて都鳥、鄙の鳥とや(田舎者の鳥)」と鳥をなじり、「乗せさせ給え、渡守」と手を合わせ懇願するなど「狂い」らしいリアルな型が連続します。唯一の型どころ見どころです。物語は一転、愁嘆場へ向かいまます。
心を打たれた渡守は、舟の上で狂うなと念を押し舟に乗せます。
対岸から念仏の声が聞こえてきます。渡守は向いの岸につくまでにと、人買いに連れられた少年が旅の疲から病になり、この川岸で亡くなった事を語り、今日は丁度一年忌に当たるので、所の人が集まり、大念仏会をしているのだと話します。ワキ方の重い習い事であり聞かせ処です。
世には似たような話があるものだ、くらいに聞き流していた女は、少年が都北白河の人と聞き、だんだん我が子である事に気づいて行きます。わずかな動きで高まって行く心の動揺の推移を見せます。
女は、少年の生地、父の名、少年の年、その名を梅若丸と聞き我が子である事を確かめ悲嘆の底に落ちます。母親の嘆きは「クドキ」で語られます。節使いを単調に押さえ、母親の嘆きに力点を絞ります。「クドキ」は高潮し「この土を返して今一度。この世の姿を母に見せさせ給えや」と母は塚の前に行き土を掘り返す激情を見せ、地謡が母の激情を宥めるかのように世の無常を、詩情をこめて謡います。
渡守は実の母の念仏を聞けば亡者も喜ぶだろうと女を大念仏に加え、母の首に鉦をかけ撞木を渡します。母は念仏の所々に鉦を打ち鳴らし鉦の澄んだ音と、地謡とシテの念仏が繰り返され愁嘆場の盛り上がりを見せます。
地謡の声に唱和して子、梅若丸の念仏が聞こえて来ます。母は鉦を打ち止め、聞き入ります。やがて我が子が姿を現わします。
母は「あれは我が子か」と取りすがりますが少年の姿は消え消えに失せてしまいます。
やがて東の空も明けて行き、我が子の姿と見えたのは塚の上の茫々とした草でした。
能が終わったことを示す留拍子は踏みません。この能の余韻を損なわないためです。
スポンサーサイト
04.23
Sat
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色。盛者必滅の理をあらわす。奢れる人も久しからず、唯春の夜の夢の如し。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ」平家物語の冒頭です。
源氏と平家の権力争いの犠牲になった建礼門院徳子を平家物語、灌頂巻の豊かな詞章を巧みに取り入れ描いた作品。型はほとんどなく、わずかに清水を見込む型や、青葉がくれの遅桜を見上げる型に往時を偲び、今の身を思い万感を込める型があるのみです。人の聴覚から、壮大なドラマを呼び起こし感動を呼ぶ「聞き物」の大作です。劇がなくても人の心を動かす、能でも珍しい、見本のような作品です。灌頂巻は、平家琵琶の秘曲とも云われているといいます。豊かな詞章に琵琶歌の旋律が聞こえてくるようす。

長門国早鞆の浦で平家一門は滅亡、建礼門院も入水したが源氏の兵に救われ、大原の寂光院に我が子、安徳天皇、ほか一門の菩提を弔う生活を送っています。
義父である後白河法皇が建礼門院を訪ね、大原に行幸します。臣下は行幸の道を整備させます。当時大原は辺鄙な山奥だったのです。山奥の女院の生活が偲ばれます。
女院の庵室では女院と侍女の阿波内侍、大納言局が身を寄せ合って暮らしています。
後見が運び込んだ作り物の藁屋の引幕が除かれ身を寄せ合った三人が姿を現します。美しい姿です。頭を包む白い布は、出家を表す花帽子です。羽二重で空気を通し難く面をかけているので演者には苦労です。
「山里はものの寂しき事こそあれ、世の憂きよりはなかなかに、住みよかりける柴の枢」女院が述懐します。「折々に、心なけれど訪うものは。賤が爪木の斧の音」地謡が受け、人目の煩わしさと、静かな佇まいを謡います。いずれも灌頂巻の一節です。
 女院は局を伴い後ろの山に樒を摘みに出かけます。「檀特山の嶮しき道を凌ぎ菜摘み水汲み薪」と女院「とりどり様々に難行し仙人に仕えさせ給いて終に成道なるとかや」と地謡。険阻な山に釈迦の難行苦行に思いを馳せます。
 法皇行幸一行が寂光院に到着します。居残った内侍が法皇の応対をします。
法皇も花帽子姿です。法皇の役は気品が求められ、主立つ人が勤めるのが習わしです。
法皇一行は荒れ果てた寂光院の佇まいに驚きます。
「一宇の御堂あり。甍破れては霧不断の香を焚き、とぼそ落ちては月もまた常住の灯をかかぐとは、かかる所か物凄や」廃屋同然の女院の住まい寂光院の佇まいです。昔から今に至るまで人々に膾炙されて来た、灌頂巻の物凄い寂光院の描写です。
 やがて裏山の岨伝いに女院と局の姿が見えます。女院は花籠を、局は薪に蕨を折り添えて持っています。「昨日も過ぎ今日も空しく暮れなんとす。明日をも知らぬこの身ながら、ただ前帝の御面影、忘るる隙は世もあらじ」美しい情景です。
「一念の窓の前、、、、、聖衆の来迎を待ちつるに、思はざりける今日の暮れ」思いも寄らぬ法皇の行幸に女院は涙し「さてや御幸の折しもはいかなる時節なるらん」行幸の途次の有様をたずねます。地謡が行幸の途次の美しい景色を謡います。いずれも平家物語灌頂巻の一節です。
女院は地獄の有様を見たと云うがと法皇が尋ねます。女院は西海の海に昼夜漂う阿鼻叫喚の苦しみ、陸の戦いの有様を地獄にたとえて語り、名だたる平家の武将の最後、我が子、安徳天皇の入水を語ります。「今ぞ知る、御裳濯川の流れには波の底にも都ありとはと」幼い安徳天皇の辞世が涙を誘います。

臣下が法皇に還幸を勧めます。「女院は柴の戸に暫しが程は見送らせ給いて」柴の戸の前に立ちつくし、見送る姿が印象的です。平家物語絵巻の、同じ場面の、未だ少女の面影を残す青白い顔が思い浮かびます。

建礼門院徳子(1153~1213)は平清盛の次女。17歳で後白河院の養女となり入内、高倉天皇11歳、徳子17歳。5年後23歳で安徳天皇を出産、清盛を安堵させました。当時では高齢出産でした。高倉天皇と徳子の結婚は政略結婚の最たるものでした。
平家が壇ノ浦の合戦で敗れ、安徳天皇入水、徳子も入水したが源氏方に救われ大原の寂光院に入り、安徳天皇と一族の菩提を弔い、生涯を送りました。
高倉天皇は色白で容姿端麗、人柄もよく人々に慕われたといいます。超美人だったという小督局とのラブロマンスは能「小督」作られています。
小督は徳子の父、清盛に迫害されましたが、高倉天皇に小督を肝煎りしたのは徳子した。高倉天皇が寵姫を失い沈み込んでいたのを慰めるためでした。
後白河法皇は譲位後30数年院政を行って朝廷の権力奪回に意を砕きました。
源平の権力争いを仕組んだとも云われ源頼朝に大天狗と云われた程の権謀術数の人だったといいます。

04.09
Sat

加茂 (かも)

カテゴリ:加茂
京都、賀茂川の上流にある加茂神社の縁起を通して、日本の神を知らしめる清冽な能。
静寂な舞台の正面に矢立台が置かれます。この能を象徴しています。

播州、室の明神の神職が加茂神社に参詣します。室の明神は加茂神社の分社だからです。
水桶を手に二人の里女が現れます。加茂の清らかな水を神に奉げるためです。
折しも盛夏、加茂の流は清く涼しく神域をさえ感させます。女は御祖の神の化身です。
川岸に祭壇が設けられ矢が祭られています。神官が矢の謂れを訊ねます。
「昔、秦の氏女という女が朝夕毎に加茂の水を汲み神に捧げた。ある時、矢が流れ来て水桶に入った。女は矢を持ち帰り軒に差す。女は間もなく懐胎し男の子を生んだ。この子三歳の時、矢は轟音を発して天に昇り別雷の神となった。母もその子も神となった。加茂三神である」女はこう語り、鴨川の色々な呼び名や都の山あいを流れる川の名を連ね謡います。色々な流れが連想されます。聞きどころです。
神職は女の身分を問います。
女は、やごとなき神」と答え神隠れします。

神々しい雰囲気の中、末社の神が現れ加茂神社の謂れを語り神職を慰めようと舞を見せる。
やがて浮きやかな囃子に乗って清らかに美しい御祖の神が現れ、天女の舞をあでやかに舞い、別雷の神の出現を促します。
雷神の出現は急調の早笛で登場、豪快に「舞働」を舞い、息もつかず雷鳴の轟を、舞いに見せ国土を守護する誓いをのべ虚空に上がっていきます。雷神は雨を司る神であり、雨は五穀豊穣の象徴です。


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。