FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.20
Sat
所は唐土。月宮殿では年頭の節会が催され、帝が出御します。
百官卿相、万戸の民の祝福の声は天にこだまします。
御殿の庭には金銀が敷き詰められ、床は錦が幾重にも敷かれ、辺りは数々の
宝石で飾られています。
大臣が鶴と亀に舞を舞わせるよう奏上します。
萬年と千年の齢を持つ亀と鶴が目出度く舞い、千年の齢を帝に奉ります。
帝も鶴と亀の舞に感じ自ら霓裳羽衣(げいしょううい)の曲を奏し万民歓呼
の中長生殿に還御されます。

ドラマはなく祝言一色の、年頭の節会の模様を描いた能です。
節会は季節の変わり目にお祝いをする「節日」に王が諸臣に酒食を賜る儀式です。
鶴と亀は長寿の象徴として昔から親しまれてきました。
中世に流行った新春の祝福芸、松囃子に「鶴亀」という演目があったといい
往時の風習を偲ばせる能でもあると言います。
先ず間狂言の官人が登場し、月宮殿に帝が出御するので皆々参内するようにと
触れます。狂言口開(くちあけ)といいます。見所は萬戸の民の一人になり
祝言色が満ち溢れます。
シテは玄宗皇帝。玄宗は「開元の治」と呼ばれる善政と楊貴妃で知られています。
また音楽にも堪能、宮廷音楽養成所「梨園」を作り楽人を養成しました。梨園の名
は歌舞伎に残っています。霓裳羽衣の曲は、玄宗が夢にみた、天女の舞楽をもとに
作ったという伝説があるといいます。


スポンサーサイト
02.06
Sat
周の穆王の治世、宮殿に百官卿相が集い王の徳政を賛美、天下太平,
万民福楽の世を謳歌しています。
桃の枝を持ち、神性を帯びた女性が侍女を伴って現れ、王に桃の花を
献上して、この花は三千年に一度、花が咲き実がなる桃の花であり、
この時に至って花が咲いたのは王の仁政に依るものだと述べ、実は
私は西王母の分身だと告げ、一先ず帰って桃の実を持って再び現れ
ると言い残し天に上がっていきます。
王は管弦を賑やかに奏させ西王母の来臨を待ちます。
やがて孔雀、鳳凰など霊鳥が飛び交う中、桃を盛った玉盤を捧げ
持った侍女を伴い、きらびやかな装いの西王母が天下ります。
王は祝賀の宴を催します。王母は禁庭を流れる川に戯れつつ美しく
舞を舞い,霊鳥と共に天上に帰っていきます。

物語を極力単純化して、祝言色一色にした能。楽しく美しく、特に太刀を
佩き凜とした神仙姿の西王母が舞う舞が美しい能。
西王母は中国古代の仙女。
西王母説話は、前漢の武帝の治世に西王母が天上界から降臨して、
武帝に三千年に一度花咲き実なる仙桃を与えたという説話や、また周の
穆王(ぼくおう)が西域を巡撫した時、崑崙(こんろん)に遊び西王母に会い帰るのを忘れという
説話があるといいます。
西王母の本来の姿は疫病や色々な刑罰を司る鬼神で恐ろしい顔を
していたと云い、中国に道教が定着した頃から美しい仙女につくり変え
られたといいます。


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。