FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.25
Sun

野守(のもり)

カテゴリ:野守
*あらすじ
羽黒山の山伏が葛城参り、大峰入りをこころざし、春日野を通りかかると、謂われのありげな泉があります。来合わせた老人が謂われを教えます。
昔この春日野に鬼が住んでいた。昼は人となってこの野を守り夜は鬼にかえりこの塚に住んでいた。この野守は「野守の鏡」という鏡を持っていた。
古歌に「はし鷹の野守の鏡、得てしがな。思い思わずよそながら見ん(歌意:はし鷹の鏡が欲しいものだ。あの人がほんとうに思っているのかこっそり見たいので)」とあるのは、じつは、昔この野で帝が狩りをしたとき、鷹が逃げてしまった。野守の老人に鷹の行方を尋ねると、鷹は水の底にいると答えた。水底の鷹は水面に映った影で鷹は泉の上の木の枝にとまっていた。鷹の行方を教えた泉だから「はし鷹の野守の鏡」だと語ります。
山伏は老人に、この春日野の野守ならば、もしや鬼の鏡を持っているのではないか、その鏡が見たいというと、真の鬼の鏡を見ると恐れるだろう、水鏡を見なさいと塚に入ります。

山伏は塚の前で必死に祈ります。
山伏の法力に引かれるかのように鬼神の鏡を持った鬼神がその恐ろしい姿をあらわします。鬼神は東の降三世明王,南、西、北の各明王の姿を写して見せ、最高の天界、有頂天や地獄での罪人の呵責の有様をも見せ、大地を踏み破って奈落の底、地獄に帰っていきます。
 
*観賞のために
鬼は神代の昔から今の世まで、神仏と肩を並べるほど人々の暮らしに密着していて、色々な民話、説話、著作が残されています。
野守の鏡のことは、藤原清輔の歌論書「奥義抄」、源俊頼の「無名抄」、顕昭の「袖中抄」などにあるといいます。「袖中抄」には「奥義抄」、「無名抄」を引き合いに、かなり詳しい内容です。「はし鷹の野守の鏡」の話は狩を好んだ雄略天皇だとし、「無名抄」では天智天皇とします。
「野守の鏡」には二説の記述があります。「野守の鏡とは徐君が鏡なり。其鏡は人の心の内を照らせる鏡にて、いみじき鏡なれば世人こぞりて欲しがりけり。これ更に我が持ち遂げじと思いて塚の下に埋めてけりとぞ、匡房卿申しか。又或る抄云、野守の鏡とは野を守りける鬼の持ちたりける鏡なり。人の心の内を照らすいみじき鏡と聞きて国王の召すに鬼、惜しみ申しければ、野を焼き払わんとし給いける時に、国王に奉る鏡と、云々」
その外にも歌論集「綺語抄」「色葉和難集」に野守の鏡の記述があるといいます。

「奥義抄」に「飛ぶ火の野守」のことを「この野を飛ぶ火野と云うことは、昔は国々に早く聞かすべき事あれば所々に大いなる火を立てければ次第に見継ぎて是を立て置き遠き國にも一日のうちに知らせつるなり。その野を守る者を飛ぶ火の野守と云うなり。この飛ぶ火は唐より起これることなりと。日本記にみえたり。」とあります。

この曲の「野守」は一つの物語の「野守」であって、広くは狩り場を守る野守をさします。上古の禁裏では狩が盛んに行われたようです。
「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が手を振る」(額田王、万葉集)
「昔男、初冠して、春日の里に知るよしして狩に往にけり」(伊勢物語、初段)
あまりもよく知られた物語です。
標野(しめの)は天皇や貴族の狩り場で一般の狩猟が禁じられていました。禁野とも云いました。
スポンサーサイト
01.25
Sun
醍醐天皇の臣下が従臣を伴い竹生島詣でをします。琵琶湖畔に着くと沖の方から若い女を乗せた老人の釣り船が近づいてきます。一行が便船を頼むと、老人は、これは釣り船だといいながらも断ることは神の御心に背く事だと船に乗せます。湖上から眺める山々の花は雪のように美しい。やがて竹生島に着き、一行は弁財天にお参りします。釣り船の女もお参りしているので,ここは女人禁制と聞いていると訝ると老人は、それは知らない人の云う事で弁財天は九生如来の再誕なのだから、むしろ女性こそお参りしなければならないといいます。やがて女と老人は、私達は実は人間ではないと云い残し、女は社殿の中え、老人は湖の水中に入ります。やがて夜になり、社殿が鳴動し月の出のように美しく、弁財天が現れます。空から音楽が聞こえ、花が降り、弁財天は袂をひるがえして舞を舞います。
やがて舞楽の時も移り、月の照りわたる湖上に竜神が現れ、廷臣に金銀珠玉を捧げ、竜神の勢いを見せる舞を舞い、天女は宮中に、竜神は湖底の竜宮に帰って行きます。

この曲はご当地ソングだと聞いたことがあります。言い得て妙、ご当地ソング一級品だと思います。かつては教養として子弟に、謡、仕舞を習わせました。この曲は初心の頃習うポピュラーな曲です。この曲を謡って竹生島に憧れた人は多いと思います。竹生島は琵琶湖に浮かぶ島、信仰の島です。神社と弁財天を祀る寺があります。霊地であって人は住んでいません。神主以下、ここで働く人は船で通います。
 この曲は初番目物、脇能物(能、「翁」に付随して演ぜられる曲)ですが他の初番目の曲とは趣がおおいに違います。初番目物は天下太平、五穀豊穣を言祝ぐ能です。「竹生島」には祝言の文言が少ない。前シテの面は類曲では神格を表す小尉ですが「竹生島」では「三光尉」、庶民の爺さんです。ご当地ソングというのもうなずけます。
前シテは漁翁、小舟の前に若い女を乗せて登場します。女は唐織、着流しに釣り竿を担ぐ不思議な出で立ちですが違和感が無いのも又不思議です。船は春真っ盛りの湖面を行きます。この美しい光景を「緑樹、影沈んで魚、木に上る気色あり。月、海上の浮かんでは兎も波を走るか」と謡います。(山々の木の影が水面に映ると泳いでいる魚が木に登っているように見え、月が水面に映ると月の兎が湖面の波の上を走っているようだ)
後場では若い女は天女に変身して華麗な天女の舞を見せ、漁翁は龍神となって豪快に舞います。
春爛漫の琵琶湖の湖上に繰り広げる一大ページェント。能に不案内の人でも分かり易く楽しい能です。

小書(特殊演出)に「女体」があります。主役のシテの龍神とツレ天女が入れ替わります。前シテ漁翁、後シテ龍神がツレに前ツレの女、後ツレの天女がシテになります。装束もそれぞれ替わり天女は「楽」を舞い、終曲、キリは主に龍神が舞い納めます。
この小書は金剛家ツレ方長命家に伝わった小書といわれています。

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。