FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.23
Sat
宮中で歌合わせが催されます。大伴黒主の相手は強敵、小野小町。この強敵に勝ちたい黒主は、小町邸に忍び込み、明日の歌合わせのための歌を吟じていのを盗み聞きします。
黒主は小町の歌を万葉集の草紙に入れ筆、書き足します。
歌合わせの当日、参加者は小野小町、紀貫之、大伴黒主など大物歌人が居並びます。
司会役の紀貫之が小町の歌を詠み上げます。
帝は小町の歌を褒めそやします。
すかさず黒主が異議を申し立て小町の歌は万葉集の歌だと訴えます。
動転した小町は黒主と言い争いになります。小町は黒主の腹黒さを、黒主は小町の盗作を。帝が証拠の草紙を出せと云います。
小町が草紙をよくよく見ると、行間や墨付きが不自然です。小町は入れ筆であると確信し、草紙を洗って見たいと申し出ます。
帝が小町に黄金の洗い桶を与えます。
草紙を洗って見ると入れ筆の小町の歌はきれいに洗い落とされ元の歌だけが残ります。
黒主は恥辱に耐えかね自害しようとします。小町は、歌を嗜む物はこの位の気概があって然るべきと黒主を宥めます。
小町と黒主は和解、そのしるしにと皆が小町に舞を勧め、小町は泰平の世を言祝ぎ和歌の徳を称えて舞い納めます。

まるで王朝絵巻を見るような舞台です。先ず目を引くのは登場人物の多さです。それぞれが着飾り、舞台いっぱいに居並び、ひな祭りの如く、色彩豊かに目を楽しませてくれます。
重厚さは度外視して、美しく豪華に、を狙った作品でしょう。
内容に比して、舞台転換の妙と詞章の豊かさがこの能の魅力となっていると思います。
先ずシテ小町が囃子なしで登場、床几に腰掛かります。
続いてワキ、黒主が間狂言を連れて、これも囃子無しで登場、小町が歌合わせの歌を詠むと盗み聞きします。
間狂言が珍妙な聞き違いをしての黒主との問答、笑いを誘い舞台が更に明るくなります。
黒主、間狂言が幕に入ると、帝(子方が勤める)が小町、貫之以下を引き連れて現れ、絢爛たる歌合わせの場となります。
小町の歌が披露され、すかさず黒主の異議の申し立て、小町と黒主の言い争い、小町の嘆き、許されて草紙を洗う。数々の場面がごく自然に川の流れのように見事に展開されます。
草紙を洗う場面の詞章が面白く、小町の期待と喜びが直接心に響きます。
終曲の小町と黒主の和解、泰平を言祝ぎ和歌を賛美する小町の舞は、喜びも加味して違和感がありません。

スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。