FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.22
Sun
平家方の侍大将、悪七兵衛景清。源平の合戦に数々の武勇の名を上げた猛将の悲惨な末路を描いた名作。

景清は平家の滅亡後、日向の宮崎に流され盲目となり、破れ藁屋に住み、所の人、旅人の情けを受ける乞食となり果てていました。
景清と尾張熱田の遊女との間に生まれた娘、人丸は鎌倉に預けられていたが、父を慕いはるばる日向に父を訪ね長旅の末、宮崎に辿り着きます。
藁屋の中から身の境遇を託つ声が聞こえて来ます。人丸の従者が声の主に景清の所在を尋ねます。
景清は娘一行であることに気がつきますが、落魄の身を恥じ名乗りません。所の里人が一計を案じi景清の小屋に案内します。
里人はわざと大声で「景清、悪七兵衛景清」と呼びます。景清に名乗らせるためです。
景清は往年の豪傑の片鱗を見せ「やかましい」と怒鳴ります。
すぐさま落魄の悲哀が襲います。
ただ一人の身寄り、娘が訪ねて来ても名乗れない辛さ、日向の乞食とは呼ばずに、誇りと共に既に捨て去った武士の名「悪七兵衛景清」と呼ばれると、ついつい腹が立つ。
盲目ではあるが山の松風、荒磯波の音、汐の満ち来をもこの目、耳に確かに残っている。又、人の思っていることも一言の内に分かる、人の常を今だにもっているのに、その上、所の人々の情けに縋る身にありながら、片輪の身の癖、つまらない物言いであったと、許しを乞います。
里人は二人を引き合わせます。人丸は「親の慈悲も子に依りけるか恨めしや」と恨みごとをいいます。
景清は 「御身は花の如くにて」と慈しみ、名乗れば乞食の子となり人丸のためを思い逢わない覚悟をしたのだといいつつ、
栄光の日々を偲び「麒麟も老いぬれば駑馬に劣るがごとくなり」と哀れな今の境遇を述懐します。
人丸は八島での、景清の武勇を所望します。景清は女には似合わない所望だがと云い、八島の戦いで三保ノ谷ノ四郎との「錣引き」を語ります。
景清は、いくばくもない命の後を弔うよう人丸に頼み、それぞれの運命を観じ、泣く泣く別れます。

能には痛ましい生涯を送った人が数多く登場します。これらは生前のことで、多くは救われて成仏します。
この曲には救いがない。これほどの悲惨な境涯を描いた作品は少ない。しかも主人公は現在に生きている人間です。
その悲惨が倍加されます。

この曲は心理劇の要素の多い曲です。謡と、制約され内に込めたわずかな動きで表現します。冒頭、景清が身の境遇を託つ「松門の謡」や、里人に悪七兵衛景清と呼ばれて腹を立て、非礼を詫び、盲目の身を悲しみ柱に縋って波の音を聞くなどの場面が特にこの曲の特色をあらわしています。唯一の型どころ「錣引き」でも扇を刀に、おおむね床几に掛かって舞います。舞台を縦横に舞う以上の迫力です。シテは勿論、地謡も難曲中の難曲の一つと云われる所以です。
観る側も、演ずる側も、その悲惨な中にも、かつての豪傑、武士の気骨の片鱗を見よう、演じようとします。武士道という、受け継がれて来た意識のなせる業でしょう。外国との係わりも緊密に、国内外、激動と云われるほど世の中の変遷は激しい。
この作品が将来どのように日本人に理解されて行くのでしょうか。

平景清は藤原南家、伊藤氏の末裔。この能で娘に昔を偲び「景清は誰よりも御座船になくては叶ふまじ」と謡います。勇猛な侍大将だからだけではなく家柄の自負も指しているのかもしれません。悪七兵衛の名は平家滅亡後、平知忠の挙兵に参加、叔父である大日能忍を殺したからと云います。悪は「強い」の意もあります。身体が大きく強かったことも指しているのでしょう。
平家滅亡後の景清には色々な伝説があるようです。壇ノ浦の敗戦後、頼朝に捕らえられ和田義盛、八田知家に預けられたが絶食して死んだと云い、また京都に潜伏して頼朝を狙ったと言う説は能「大仏供養」に作られています。
平家物語、長門本では「例の生き上手」で落ち延びたが行方は分からないとあるそうです。
景清が盲目の心境を述べ「流石に我も平家なり、物語始めて御物語申さん」と謡います。
物語とは平曲を指すそうです。平曲は「平家物語」を曲節を付け琵琶の伴奏で語るもので鎌倉期、盲人「生仏」が始まりとされていますが、平曲語りの間では景清が平曲の始祖であるとするそうです。
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。