FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.26
Tue
酒呑童子。大江山に住む、こよなく酒を愛するという憎めない名の鬼です。
源頼光が勅命を受け山伏に姿を変え、討伐に向かいます。頼光は強力を先立て、童子の住み家を探らせます。強力は途中、川で血のついた衣を洗っている女に出会います。女は童子に掠われ、洗濯女になったのです。強力は女を仲介に頼光一行の宿を借ります。
童子は快く頼光一行を迎えます。自分の居場所を他人に教えないと、頼光の約束を得て安心した童子は酒宴を催し、我が身の上や、まわりの風物を題材に、即興の舞を舞い酔い伏します。
夜更け頼光一行は童子の寝室に乱入します。童子は身の丈、二丈(6m)の鬼に変身して襲いかかります。激闘の末、童子を討ち都へ凱旋します。

酒呑童子は稚児姿で登場します。わずかに鬼の化身の匂いと言えば手にした鹿背杖です。童話風な能と言われるのは、この出で立ちも一因でしょう。
この能ではアイの強力と洗濯女が活躍し和やかな雰囲気を作り出します。これも又童話風の一因でしょう。強力は女に、童子に宿を借りる仲介をさせ、ついには口説き落として都へ連れ帰ります。
この能の前場は恐ろしい場面の描写がありません。わずかに掠われた女が血の流れる川で血のついた着物を洗う画面だけで、これもアイ狂言が演ずるので怖くありません。
童話風とは言っても、頼光麾下の四天王、貞光、季武、綱、金時、の登場、童子の舞など迫力十分、見応え十分です。
後場、頼光達に襲われた童子が「情けなしとよ客僧達、偽りあらじといいつるに」と叫びます。五番目、鬼の能は人に仇をなすばかりの殺されて当たり前の鬼達ですが、この童子の叫びがひと味違った能にしています。

五番目物のサービスも怠りません。キリの終わりに頼光を組み伏せた鬼、童子が下から頼光に刀で刺し通され仰向けに一畳台から下に落ちる豪快な大技を見せ最後を飾ります。

源頼光。平安中期の武将。宮廷の実力者に耳目を驚かす膨大な贈り物をしたこと、土蜘蛛退治、酒呑童子説話で有名、終生藤原道長の忠実な侍であったという。
大江山は京都の北西、丹後地方にある山。
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。