FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.14
Tue

藤(ふじ)

カテゴリ:
※あらすじ 
都の僧が善光寺に詣でる途次、越中の国(富山県)氷見の里、多胡の浦に立ち寄ります。
折しも藤の花の盛りでした。
中にも一際見事な松にまとう藤があります。
僧は古歌を思い出します。「常磐なる松の名たてに、あやなくも、かかれる藤の
咲きて散るかな」と口ずさみます。
向こうから呼び掛ける女があります。この多胡の浦は藤花の名所です。
古人が藤花を讃えて多くの歌を詠み伝えているのに「松の名たてに」の歌を
口ずさんで藤をいやしく云うのですかと、とがめます。
僧は不審に思い、女の身の上をたずねます。
女はこの藤の精であると名乗り、松の陰に消え失せます。
所の人が盛りの藤を見に来ます。僧は、所の人に由緒ありげなこの藤のことを
たずねます。所の人は、昔、越中の守であった大伴の家持がこの藤を賞で
花のもとで酒宴を催し、歌を詠み交わしたことなどを話します。
やがて夜も更け浮かれ鳥の鳴き交わす中、僧は経を読み旅寝の床につきます。
古歌を口遊みながら藤の精がふたたび現れます。
妙法華経のお恵みによって成仏することができました。
夜もすがら、賛仏の歌舞をするために現れたのだといい、多胡の浦の美しい四季の
移り変わりや、汀の松にかかる藤の花の風趣を歌い舞います。
やがて朝日山に朝の光が射し、藤の精は松の梢に消えます。

□ワキが古歌を思い出し、口ずさんでいると、シテが現れ異をとなえる
又はワキとシテが草木や花の風流問答をするという曲は、本曲「藤」の他
西行桜、黒染桜、六浦、杜若、芭蕉など多くの曲があります。
主題への導入手法でしょが古人の草木、花に対するなみなみならぬ愛着が
思われます。
これらの曲はいずれもシテが草木の精であり、現代の日本人にとっては
童話的な素材ですが、単に擬人化だけではなく「草木国土悉皆成仏」の
仏教思想が附加されています。
杜若や、芭蕉のように在原の業平や、仏教の哲理を説く、といった、いわゆる
本説の確呼とした名曲といわれる曲もありますが、本曲「藤」は花そのものを
主題にしています。
自然の景観や、花の詩歌を媒体にして一曲にまとめた佳曲です。
能は人の心の深層を描く作品が少なくありません。
観能のあとは疲れます。和泉式部を主人公にして王朝の「みやび」を描いた
名曲「東北」のように、花の優美さを主題にした本曲「藤」も、観る人に心の負担を
かけず、美の世界だけに耽溺できるでしょう。能の持つ又一つの側面でもあります。

□この能の前場は、二つの歌を軸に構成されています。
「常磐なる松の名たてにあやなくも、かかれる藤の咲きて散るかな。
(歌意、松の緑の美しさを引き立てるために咲いて散っていくことだ)」は
内親王の髪上げのときの屏風絵に題した紀貫之の歌だそうで、貫之集、和漢朗詠集に
採られています。
「多胡の浦、底さえにほう藤波を、かざして行かん見ぬ人のため」は
万葉集巻第十九に、「布勢の水海(みずうみ)に遊覧して多?(たこ)の湾に
船泊りして藤の花を望み見、おのおの懐(おもい)を述べて作りし四首」と
詞書きして大伴家持、供の人の歌、四首が見え、その中の一首だそうです。
家持の歌でないのが興味を引きます。
その他、古今和歌集、和漢朗詠集、新葉和歌集、金葉集、草庵集などの
詩歌が引用されています。
これらを繙くのも観能前の楽しみでもあります。

□多古の浦は、冨山湾の懐、氷見市の漁湾一帯だそうです。
湾を隔てて、立山連峰が望まれる景勝の地です。どこか駿河(静岡県)の
田子の浦に似た景観です。
続後拾遺和歌集巻第三夏歌にも藤原房實の「田子の浦や汀の藤のさきしより、
うつろう波ぞ色に出でける」がありますが古人もどちらがどうか迷ったかもしれません。
本曲にうたわれる英遠(あを)は、北へ3キロ程、阿尾と、名だけをとどめています。
奈呉浦は十キロ程南に下った新湊市にあり、伏木冨山港に隣接しています。
高岡市など工業地帯の港であり、眺めに続く景色かな、とうたわれた眺めは
望むべくもありません。
□多古の浦一帯は有磯海とよばれる歌枕です。
奥の細道で、芭蕉は「一夜の宿貸すものあるまじ、といひおどされて」氷見行きを断念
加賀に向かい「わせの香や分入る右は有磯海」を残しています。
隨行記によると、八月末の暑気はなはだしく持病もおこったようです。
広大な稲田の向こうの歌枕への思慕を残して加賀に向かったといいます。
朝日山は、今は朝日山公園になっており、近くに氷見宗忠が籠もって
死者の相貌を写しとって痩男、痩女の面を創出したと伝えられる上日寺の朝日堂が
今も残っています。
氷見の人達にはあまり知られていないようで、この地を訪れた折、寺の名前を
思い出せず、市役所の観光課に問い合わせても分からず、やっと探し当てた
記憶があります。
土地の人には、冬の寒ブリ、藤の咲く五月のホタルイカ、松葉ガニが自慢のようです。
かく云う当人も、それらを目当てにたずねました
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。