FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.09
Mon
遊行柳 相模国(神奈川県)藤沢の清浄光寺(遊行寺)の遊行上人一行が念仏勧進して
白河の関を越えたところまで来ると道が幾筋かに分かれています。
広い道を行こうとすると、老人が現れ、先代の遊行も通った道だと昔の街道を教え
路傍にある名木「朽木の柳」に案内します。
上人は朽木の柳のたたずまいを見て謂われをたずねます。
昔、西行法師が「道のべつに清水流るる柳かげ」と詠んで以来、今の世までも語り傅えられた名木であると
教え、上人に十念を授けられるとそのまま柳の陰に姿を消します。
上人は所の人に朽木の柳のいわれを聞き、読経し、念仏を唱え月の冴え渡る中、仮寝の床につきます。
やがて烏帽子狩衣の典雅な姿の柳の精が白髪の老人となって現れ、
上人の十念によって草木の身ながら成仏出来たことを喜び、さらに柳にまつわる和漢の
故事を語り、報謝の舞を舞うが、とてもその身は朽木の柳、風に漂うように倒れ臥すと見て
上人の夢は覚め、柳の古木が残るだけでした。

□この能は優美な舞を優女に舞わせるという「三番目物」に準じた曲です。
しかもシテは朽木の柳の精であり、装束・面は神体のいでたちです。
閑寂な情趣の中に品位をもった、優美とはまた異質の美しさを作り出しています。
 一曲の中心となる「クセ」の導入部「サシ」からクセの前半で柳の故事、唐土の黄帝の臣下貨狄が
柳の葉にヒントを得て初めて舟を作ったこと、玄宗皇帝の離宮、華清宮の美しさを作った詩、
清水寺の草創のとき柳の朽木が楊柳観音になって現れたという和漢の故事が美しい詞章で謡われます。
後半では都の大宮人の雅、四本の木の庭での蹴鞠や源氏物語、若菜巻の蹴鞠見物の女三宮の猫が逃げ出し
猫の綱で御簾があがり柏木が三宮を見初めたこと、が謡われます。
これらの優艶なイメージは「クセ」に続く「序ノ舞」とともに朽木の柳の精の「老体の舞い」に濾過され、
優雅に閑寂な美しさに変質します。
 蹴鞠の場面の「暮に数ある沓の音」や女三宮の猫の場面「手飼の虎の引綱も」のところに
珍しい型があるなど閑寂な老体の能でありながら変化の多い面白い能と言われています。
 草木ながら成仏できた、その報謝の舞「序ノ舞」を舞い上げ、唐土の故事に別れのとき
柳の枝の輪を贈るというが老木ゆえ枝も少ないと上人に別れを告げ、風に漂うようによろよろと倒れ伏し
老の気力の失せたさまを見せ、「露も木葉も散りじりとなり果てて」と、これは上人の夢であったと
閑寂な風情を舞台に残して終曲となります。

□「隣忠秘抄」に、「西行桜の対の能にて位甚だ大事なり。茲にかようの習ありという
事はなし、只一番の大意を一番の習とす。上手、年功の外、若輩のせざる能なり」とあり、
この能を的確に言い得ているといいます。

□この能の作者、観世信光は、「船弁慶」「安宅」「道成寺」などショー的要素の強い作品を
意欲的に作った人だと言われています。
 晩年世阿弥の閑雅幽玄の世界に触発されて、この能を作ったといい、
世阿弥の自信作、老体の桜の精をシテにした能「西行桜」を意識した作品だといいます。
 世阿弥の理路整然とした作風に対し、この能は和漢の故事や詩歌、教典が物語の展開に
脈絡なくつづられているように見えます。
一つ一つの事柄はそれぞれ味わい深く、例えば「サシ」から「クセ」にかけての
展開のように、理解を超えた複合味の感銘を受けます。
信光は七十五歳の時、三条西邸を訪れた折、三条実隆に年齢を聞かれ六十歳と答えたと
あるそうです。自他共に認める精力家であったようです。
この能の閑寂の中に「艶」がほの見えるのも、むべなるかなです。
□この能の見どころの一つ「蹴鞠(ケマリ)」は貴人の遊びで、七間半四方の角に
桜、柳、楓(かえで)、松を植え、数人で鞠を地に落とさず、その下枝より高く蹴上げる遊びです。
師範に飛烏井、難波の二家があり、本曲の蹴鞠の型は飛烏井家の「四段一足」という型だそうです。
もう一つの珍しい型「手飼いの虎」は、猫の異称といいます。
□「道の辺に清水ながるる柳陰」の西行の歌は新古今集、夏に「題不知」として載っています。
 西行物語に「鳥羽殿に御幸ならせ給ひて、はじめたる御所の御障子の絵ども叡覧あるに…
清水流るる柳の陰に旅人の休むさまを描きたる所を」とあってこの歌が載せられているそうです。
興を削ぐかも知れませんが、那須、芦野での詠歌とするのは本曲の作者の造作のようです。

□遊行聖は時宗の僧です。時宗の開祖一遍上人は鎌倉中期の人で、熊野権現の啓示を受け
「南無阿弥陀仏決定往生六十万人」と書いた名号札を配って遊行しました。
歴代の法主も、これに習って全国を巡教し念仏勧進しました。
これを遊行と呼び、遊行上人、遊行宗、遊行寺の名が生まれました。
 一遍は観念の念仏を排し口称の念仏、全身全霊で称える念仏を主張し、
信州佐久友野ではじめて踊りながら念仏を称え、平安時代の空也上人の「踊り念仏」を復活しました。

□「奥の細道」で芭蕉は、この地を訪れ「田一枚植えて立ち去る柳かな」の句を残しています。
 西行ゆかりの柳の下にたたずんで思わず時を過ごしてしまったとの感懐で西行の歌の
「しばしとてこそ」を「田一枚植えて」に具象したと注にあります。
□やなぎは柳又は楊柳と書きます。約四百種ありますが、日本には約九十種あります。
一般的に、楊は枝が直立したカワヤナギ、ネコヤナギ類を、柳はシダレヤナギを指します。
シダレ柳は中国からの渡来で、挿し木で殖やした、いわゆるクローン樹木です。
その歴史は古く、千二百年余り万葉集の時代だといいます。
 中国では五月に柳絮(りゅうじょ)と呼ばれる綿毛の種子が雪のように舞うといいます。
雌雄異株で、我が国ではほとんどが雄木であるため、種子が飛ぶ様子をみることはほとんどありません。
六月八ヶ岳の通称ハチマキ道路で、かなりの量のカワヤナギの綿毛が飛んでいて、
カワヤナギにも柳絮があるんだと嬉しかったことを覚えています。
(梅)
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。