FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.09
Mon
「山姥の山めぐり」を曲舞(くせまい)につくり、百魔山姥とあだ名を付けられ、すっかり有名になった京の遊女が親の十三年供養のため善光寺詣に旅立ちます。
越後、越中(新潟、富山)の国境の境川に着き、これから山越えとなるので所の人に道の様子をたずねます。
所の人は、三つの道がある、中でも上路越という善光寺のご本尊の阿弥陀様が通った道があるが、険難で乗り物はおろか、高貴な女性には無理だと教えます。
遊女はご本尊の通った道ならば、修業の旅でもあるからと上路越をしようと峻険を登っていきます。
急に日が暮れ、あたりが暗くなります。
一行が困惑していると遠くから、宿を貸しましょうと声が聞こえ女が姿を現します。
女は一行を我が家に案内し、宿を貸すについて訳があります、山姥の曲舞を謡ってほしいと所望します。
一行が不審すると女は、遊女に、あなたが芸道の奥義を極め、都で名声を上げたのは「山姥の曲舞」を作ったからです。
それなのにほんとうの山姥のことは少しも心にかけてくれないと恨み言をいい、歌舞伎音楽の仏事で供養してくれたら私も極楽に往生できるのです、そのために現れたのだと本当の山姥であることを明かします。
遊女は断ると恐ろしいことになると思い、謡おうとしますと女はこれを制して、夜になったら謡いなさい、その時本当の姿を現しあなたの曲舞の謡で舞いましょうと姿を消します。

月光のもとで遊女は笛を吹きます。
やがてほんとうの山姥が姿を現し峻険な上路の景色を求べます。その恐ろしい姿に怯える遊女に山姥は「山姥の山めぐり」を謡うよう促します。
遊女が謡い始めると、山姥は遊女の謡いに合わせて舞います。
舞い納めた山姥はさらに本当の「山めぐり」のありさまをみせて、いずこともなく姿を消します。

世阿弥の申楽談義に「山姥、百萬、是等は皆名誉の曲舞ども也」又「能作書」に「百萬、山姥などと申したるは曲舞まひの芸風なれば、大方やすかるべし」とあるそうです。
当時、流行した「山姥の曲舞」に前後を書き足して一曲にまとめ上げたということで世阿弥の云う「本説」らしいもののない能のようです。
後場の次第「よし足引の山姥が」からクセの終わり「山めぐりするぞ苦しき」までが曲舞であって「中入」までの前場、終曲部の「キリ」が書き足した部分ということになります。

作者、世阿弥の山姥と、曲舞の山姥との間には違う山姥像があるように見えます。世阿弥山姥は、まだ高い日を俄かに暮らし、居場所を瞬時に変え山河を駆けめぐる霊力を持つのですが、都の遊女に、あなたが有名になったのは私のことを曲舞に作ったからだ、なのに少しも心にかけてくれないと恨み言をいい、私がここに現れたのは、私の名の功徳を確かめるためだといい、さらに、私のために歌舞音曲の佛事をして極楽往生させてほしいと助けを求めるなど、人間臭さのある山姥です。このクセ(曲舞)は、本来の曲舞に作者の手が加わっていると言われています。どの部分かは想像の域のようでが興味の湧くところです。

能に登場する鬼は嫉妬が昂じて鬼となったもの、人を喰う、もとからの鬼、反体制の鬼など様々です。
嫉妬の鬼は女性が多く、調伏され成仏します。男の鬼は、ただただ人をさらい喰う邪悪な鬼が多いようです。
この能の鬼女は、生まれた所もわからず、雲水のように山野を漂い姿を変えて人を助ける。鬼というよりはむしろ仙女のたぐいでしょう。「野守」という能に狩場を守るという少し似た鬼がありますが、他に外に例がありません。

曲舞が流行した時代の人達は、生活の中に仏教があったのですから理解も容易でしたことでしょうし、現代人とは違う感動もあったことでしょう。
現代人には仏教、特に禅の思想は今や神秘の世界です。現代の人がこの曲に惹かれる一つの要因は、人々の空想を掻き立てる未知の世界、この曲でも重い意味を持つ深い山、空、海と共にその神秘性にひかれるのでしょう。

前場の「などか妾も輪廻を離れて帰性の善所に到らざらん」や終曲部の「廻り廻りて輪廻を離れぬ妄執の雲の塵積もって山姥となれる」の「輪廻」とはなにか。「輪廻」は車輪のように六道に流転、生死するという人間の定めだそうですが、人間に非ずという山姥に輪廻があろう筈がありません。山廻りという山姥の境涯と解しても疑問は残ります。

後場のシテの出現の一声は四つに分かれているように思います。
1・あら物凄の深谷やな、と上路の山の険しさをうたいます。
2・寒林に骨を打つ、霊魂泣くなく前生の業を恨み、塵野に花を供する天人。返すがへすも幾生の善を喜ぶ。 (この世で悪行を行った者が死後、己の墓の白骨を鞭打ち、又、善行をして天人となった者が、己の墓に花を手向けたという仏典の話だそうです)
3・いや善悪不二。何をか恨み、何をか悦ばん(クセの邪正一如、色即是空も同義語ということらしい)
4・萬箇目前の境界。懸河渺として巖峨々たり。山又山―以下略(眼前に現れた景色を見ればといい、又上路の険しさを謡います)
このシテの一声の不連続性をどう考えればいいのでしょうか。

この能の舞台、上路(あげろ)は、新潟県西頸城郡青海町にあり、北陸線、市振(いちぶり)と親不知(おやしらず)駅の間の山中にあり標高200メートルほどのところに五十戸ほどの集落があります。
海沿いのルートが近いのですが、親不知の難所があり、その上、追い剥ぎが出たそうで上路越は迂回路だったようです。
上路周辺には、山姥神社、山姥日向ぼっこ岩、山姥がお手玉にして遊んだという山姥遊び石があり、峠に山姥が住んでいた洞窟があります。
京都から善光寺詣のルートは高山からの飛騨越えがあり、この方が近いようです。飛騨越えルートに比べ上路ルートは、道中、旧蹟、歌枕が多くあるそうです。

善光寺は、長野市にある奈良時代からの霊場で、本尊は百済から伝来したと伝えられる阿弥陀如来です。
寺伝によれば、難波の堀の中から、本尊を本田善光という人が拾い上げ信濃に持ち帰り、これを本尊して善光寺を創建したとあります。

スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。