FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.21
Sat
□源義経の愛妾、静御前の霊が若菜摘みの女に乗り移り、義経が兄頼朝に追われ雪の吉野
の山中を逃げ惑う苦難、捕らえられた静が頼朝の面前で義経追慕の舞を舞ったことなどを題材にした作品。同装の憑依の女と、静御前の霊が影のように寄り添うごとく舞う相舞が見どころ。静は白拍子、聞こえた舞の上手でした。出典、義経記。

□吉野勝手神社では正月七日、若菜を神前に供えることを吉例にしていました。
神官の命で女が菜摘川で若菜を摘んでいると、呼びかけながら一人の女が現れ、帰ったならば神官の人々に一日経を書いて私の後を弔って下さいと頼みます。菜摘の女が名前を尋ねると名乗らずとも疑う人があったらその時あなたに乗り移って名乗りましょうといって消え失せます。
菜摘の女はこのことを神官に報告します。不審する神官に菜摘の女は、実は私も不審に思い、と云うや否や急に様子が変わり声色も変わります。静御前が乗り移ったのです。神官が舞を所望すると、静の霊が憑いた菜摘女は以前、勝手明神の宝蔵に納めた舞の衣装があると云って出させそれを着けて舞い始めます。やがて静の亡霊も現れ相伴って、夫、義経が頼朝の命を受けた吉野の衆徒に追われ、吉野山中を逃げ惑い、難渋した様子を舞い謡います。さらに吉野の山中で捕らえられ、鎌倉で頼朝夫妻に強要されて舞った舞を、夫を偲びつつ舞い、回向を頼み消え失せます。

□この能はシテよりもむしろツレが働きます。ツレの比重の大きい能です。両シテ物として扱われ、シテと同等の技量が要求されます。もう一つの見どころ、静御前の霊がツレ菜摘女に憑く緊迫した場面はシテの位で演じなければなりません。

□この能一番の見どころはシテ静の霊と、ツレ菜摘の女の相舞だとします。
静の霊が菜摘女を操るように動かし静の霊は影のように寄り添って舞います。
相舞は他にも数曲ありますがシテとツレが全く同じ型で舞うのはこの作品のみです。装束も全く同じものを着て舞います。クセから序ノ舞までツレとシテは影のように寸分違わず動くことを理想とします。いきおい親子、兄弟、息のあった二人で舞うことが多いといいます。能には付きものの面に視界を制約されながらピタリと型を合わせることは至難の業です。綿密な打ち合わせを重ねることは云うまでもありません。然りながら人には避けられない「癖」、「身体上の違い」があり型に多少のズレが生ずることは避けられません。この事実を割り引いて観るか否か観る人によるでしょう。
昔からとかくこの相舞は重荷だったようで影のように完全に合わせるには無理があると廃曲にした流儀もあり、また菜摘女だけに舞わせ静の霊は腰掛けて見ているという演出も案出されたといいます。 

□この能の魅力は相舞だけではありません。劇的な内容を情緒豊かな作品に仕立てていいます。極論かもしれないが相舞なくても魅力的な作品といえます。先に述べた菜摘女に静の霊が憑くところも魅力的ですが、雪の吉野山中の逃避行、クセも美しい詞章で謡われ、さらに魅力的です。
終曲近く静御前が頼朝に舞を強要され「しずやしず、しずの苧環くりかえし、昔を今になすよしもがな」(時間を後戻りさせて昔を今にする術はないでしょうか。)とうたいます。
涙ながらの舞であったであろうと静の心中が思いやられ哀れをさそいます。

□義経と静の受難は堀河夜討と呼ばれる事件から始まります。頼朝の刺客、土佐坊正尊の襲撃をうけたのです。義経は頼朝と対抗することを決意、叔父源行家と結び、後白河法皇に乞い頼朝追討の宣旨を得たが、頼朝出兵を聞いた畿内の武士は動揺しそのため支持が得られず、止むなく九国地頭職を頂き摂津から船出、西国を目指します。出航まもなく嵐に遭い難破、弁慶の進言をいれ天王寺で静とわかれます。畿内を転々とし吉野に潜入、ここで静と再会しますが数日を経ずして再び離別、静は蔵王堂で執行に捕らえられ鎌倉に送られます。頼朝夫妻の求めに鶴岡八幡の回廊で舞い、義経追慕を謡いました。その後、静は男児を出産、頼朝はその子を由比ヶ浜の海に沈めさせました。許された静は京に向かったがその後の消息は分からないといいます。静十代のおわり頃と想像されるとも。
義経の追求、探索は厳しく義経主従は再び奥州の藤原秀衡を頼り落ちて行きます。

□義経を扱った作品は抜群に多く人気曲もかなりの数にのぼります。幼名牛若丸から奥州平泉、衣川の最後まで年代順に作品を並べてみると義経の一代記になるほどです。
 義経受難の作品を年代順に並べると、堀河夜討ちは活劇の「正尊」、摂津国大物の浦から西国へ落ちて行く、超人気曲の一つ「船弁慶」、吉野潜伏の「吉野静」と「二人静」、最後の脱出行、奥州落ちの、これも超人気曲「安宅」となります。
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。