FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.20
Fri

龍田(たつた)

カテゴリ:龍田
諸国の寺社に法華経を納める僧が龍田明神に参詣しようと
龍田川のほとりにやって来ます。
川向こうから女がその川を渡ってはいけないと呼びかけます。
僧が不審していると女は、ここは名に知られた立田川です。神慮も思わず、
安易に渡れば神と人との中を絶つことになります。この川に錦のように
散り浮く紅葉は、当社の神体だからですと言います。
僧は、今はもう紅葉の季節もすぎて川には薄氷が張っています。
許して下さい、渡ります、と言いますと女は更に
藤原家隆の歌「龍田川紅葉を閉ずる薄氷。渡らばそれも中や絶なん」を引いて
心ない僧だと戒めます。
女は、自分は巫女であると名乗り、明神への道案内をしてあちらこちらと
宮巡りしているうちに、実は私は龍田姫であると名乗るやいなや御身から光を放ち
社殿の中に入ります。
僧達は所の人から龍田明神の謂れを聞き、通夜をして神の告げを待ちます。
やがて社殿は鳴動し、玉垣も輝き出し、龍田姫の神が姿を現わします。
御世を守る天逆矛を守護する神瀧祭神とは当社のことであり、民も安穏に
国土も豊かなのも当社のお陰であると述べます。
さらに龍田の川や山を、代々の歌人が賞賛した歌を詠んだことを語り、
氷に閉じられた紅葉を賞で、あらためてこの川を渡るべきではないと語ります。
やがて時刻も移り、龍田の神は「神楽」を奏し夜明けの風に散り飛ぶ紅葉の中を
神上がりします。

□本曲の紅葉の川を渡ることについての問答は、風流問答といわれて、
能ではよく使われる手法です。多くの場合これらの問答は、曲の流れの中の
一場面に過ぎませんが、本曲では前場の中核になっています。
後場では「クセ」に続き「キリ」(終曲部)でも紅葉が強調され
全編紅葉で埋め尽くされています。
前シテは、底に冷たさを秘めた女性であり、中入りに身体から光を放つ神の
本性を現わします。
背景の龍田の御神木、紅葉がシテ女の神秘さを引き立て、清澄な神々しさが全編に満ちています。
後シテの龍田姫の神が舞う「神楽」と共に、本曲の主題をなすものです。

□本曲は優艶を主題とする「三番目」、ドラマ性の「四番目」
神事物の「略初番目」として演じられます。
当然ながらその場合によって、シテの演じ方や装束も変わります。
演者には演じ難い作品でしょう。
類曲に「三輪」があります。三輪は静寂な僧の庵を折々訪ねる女が
衣を所望する前場や三輪説話とあいまって、三番色濃い作品です。
「三輪」は神が巫女の姿をかりて出現しますが「龍田」は神体そのものの来現です。
その故であろうか、金剛流では「三輪」よりも「龍田」を一つ上位にするといいます。

□前場の「氷れる時も龍田川」の歌の作者、藤原家隆は、鎌倉前期の歌人で
従二位、宮内郷、藤原俊成門下で藤原定家と並び称されました。
後鳥羽上皇の寵臣で和歌寄人となり、新古今集の撰者の一人です。
私家集に「壬二集」(玉吟集とも)があり、薄氷の歌はこの集に収められています。
□龍田神社は奈良県生駒郡にあり、祭神は天御柱命(あめのみはらしらのみこと)
国御柱命(くにのみはしらのみこと)で、龍田彦、龍田姫と同神であると
みなされているといいます。
又、国家鎮護の根本である天逆矛(あまのさかほこ)の守護神、瀧祭の神(伊勢神宮
御裳濯川に鎮座)と龍田の明神は同体であると、「神皇正統記」に見えるようです。
又、かつて金剛流の拠点であった東大寺もほど近く、境内に金剛流発祥の地の
顕彰碑があり毎年二月に奉納の会が催されます。

□「神皇正統記」は、1340年代南朝方の廷臣北畠親房によって著わされました。
神代から後醍醐天皇の子新村上天皇までを説いた書です。
南朝方はもちろん、北朝方、神官、武士など広く読まれたといいます。
親房の子顕家は、後醍醐天皇に朝廷の改革を進言する上奏文を奉りました。
顕家戦死の七日前のことであったといいます。
31才の青年公卿の言は実に堂々たるもので「神皇正統記」執筆の直接の契機と
なったといいます。
その後、現代の昭和の戦後まで、多くの刊本、注釈書が刊行されました。
日本人の思考の基になった一つであるといわれています。
明治維新の業には、大きな支えの一つであったといわれています。

□天下泰平、五穀豊穣を祈願する「初番目」といわれる神の能には
「神道」の神が多く登場します。日々の生活習慣に密接に結びついた最も身近な
神々だったからでしょう。
現在私たちは、人の形の神に慣れています。
古来日本人は、樹木や岩石など自然の様々なものを神が降り立つ「依代」として
崇めてきました。
森羅万象、風雨、雷など自然現象は神の具現でした。
今トレンディのエコロジーから「神道」は生まれたことになり、古ぼけてダサイように
見えて実は一番新しい宗教といえます。
神道は教理、教説を超越した宗教であるといいます。
時代を包み込みながら人々の生活にとけこんで来ました。
奈良時代に仏教が伝わると仏教思想を取り入れ、江戸時代には幕府の政治理念の
一つであった儒教を取り入れてきました。
殊に仏教との習合は千数百年に及び、どこまでが仏教でどこまでが神道なのか判然と
しない程で全く不可分の形でした。
神社の本殿に仏像が安置され、僧がお経をあげ、護摩を焚いたといいます。
明治維新に、新政府は旧幕の権力と密に結びついた仏教勢力の一掃を図り、
神道を国家統合の具とするために神仏分離令を出しました。
これは国内に広く大混乱を招き、廃仏毀釈運動に発展しました。
この運動はすさまじく、仏像、経典仏具は破壊され焼かれました。
寺の建物はおろか、礎石まで破壊された寺もあったというほどでした。
第二次世界大戦では、不利な戦いの精神的支柱として神道をその具にしました。
神道はわずか八十数年の間に、かつて受けたことのない受難を被ったわけです。
日本国民、わけても識者の神道の忌嫌は、いまだ続いています。
外国の誤解もはなはだしく、外交問題にまで発展することもあるようです。
日本は戦後、経済的に豊かになりましたが、人心の荒廃が進み、社会問題が深刻です。
日本の精神構造の根幹は、神、仏思想であるといいます。
仏教とはほど遠くなった神道をこの時に至ってみれば、考え直す時に来ているように
思われます。
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。