FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.20
Fri
絢爛な王朝絵巻、「源氏物語」に取材した能。

□日向の国の神主、藤原興範は伊勢神宮参詣のため船出し津の国須磨の浦につきます。
ここは光源氏が?居した所で、名高い「若木の桜」を見物することにします。折しも、たき木を背負った老人が現れ桜を眺めています。興範は老人に、賤しい木こりながら桜に見とれて帰るのを忘れたようですね、この木は名木ですかと声をかけます。老人は、この木が名木かとは貴方こそ田舎者だねと応じます。老人はただ者ではない気配です。興範は光源氏のことを物語るよう老人に頼みます。
老人は昔のことは忘れて過ごしてきたが、といいながら源氏物語の巻を各々挙げて光源氏の一代を物語り実は私は源氏物語の主人公、光源氏であるといい、源氏の死を暗示する巻「雲隠」のように跡かたもなく消え失せます。
興範は所の人に源氏と朧月夜の内侍との恋が露見して須磨に流されたこと、最愛の妻、紫の上との別れの有様などを聞きます。
 夜になり、興範は海辺に旅寝して 波の音を聞きながら源氏の出現の奇特を待ちます。
やがて美しい音楽が聞こえ、気高く、きらびやかに光源氏が姿をあらわします。
 源氏は、私はこの世に生きていたときは光源氏と呼ばれ、今は都卒天に住んでいるが、この美しい海原の月に誘われ天下った。この浦にふさわしい舞を舞おうと青海波の舞を舞います。きらびやかに狩衣を翻し、衣擦れは鈴の音のように。やがて夜は山の端より明け初めます。

○ひとこと 
 若木の桜 源氏の?居に植えられた桜。後に須磨寺の門前の桜がその木と伝えられる。
 青海波  雅楽の一つ。華麗優雅な名曲。この能では、「早舞」で舞う。
 早舞   高貴な人の霊、成仏得脱した女性の舞。爽快、典雅な舞。

□この曲は能好きに、いろいろな曲を連想させる能です。
前シテの老人の装束は無地熨斗目に水衣の、下賎の出で立ちです。ワキの興範が、賤しい木こりと呼ぶのも無理からぬことです。老人は、貴方こそ田舎者と、切り返し源氏の化身の片鱗を見せます。
能「野々宮」でも、源氏と六条御息所の思い出の旧跡、野々宮を訪れた僧に、御息所の霊は「行方も知らぬ御事なるが(どこの誰とも分からない)来たり給うは憚りあり、とうとう帰りたまえ」とせまり御息所の気位をみせます。
この能の前場は「若木の桜」をめぐり展開します。「若木の桜」は須磨の源氏の?居植えられていたさくらです。興範は老人と若木の桜の下に夜を明かし源氏の生涯の話を聞きます。須磨の?居は、華やかな源氏の生涯に唯一の蹉跌でした。朧月夜との恋が露見し、大后の怒りをかい、右大臣の源氏追い落としの画策を知った源氏は自ら須磨に下ります。その慰めとして植えられた桜でした。
 能「忠度」には「一木の桜」があります。忠度の墓標として植えられた桜です。
この能の前場のシテの老人もワキ僧と「一木の桜」の下に寝て物語ります。 
平忠度は勅撰集「千載和歌集」に入集しながら、その歌は朝敵故、詠み人知らずでした。
忠度は詠み人知らずの恨みを抱きながら戦場に赴き、討たれました。  
源氏、御息所、忠度と、これらの曲には失意の底に沈んだ人の哀愁がしみじみただよっています。
 この能のクセでは源氏物語の「巻」の名を連ねて、源氏の名の由来から、中将、正三位と官位を進め、須磨の?居、許されて更に位を進め内大臣、太政大臣、太政天皇まで上りつめた源氏の一代、生涯が語られます。
能「源氏供養」にもこれも源氏物語の巻名を織り込んだ流麗なクセがあります。安居院法印聖覚の作、源氏物語表白の原文を生かしてつくられています。「表白」は光源氏を供養するための願文だといいます。当時は源氏の供養が行なわれていたのであろうか。 
光源氏はフィクションの世界を離れて日本人の心の中に生き続けているということでしょう。

○ひとこと 
ワキ シテ(主役)の相手役
クセ 一曲の中心部。流麗な文辞。曲節を尽くして謡い、舞う。曲舞を取り入れた。

□讁居の閑寂な雰囲気の前場から後場はいきなり華やかな源氏物語の世界です。帝に特に許されたと云う色の狩衣の袖を翻して「青海波」の曲を舞います。 曲中一番の見どころです。
この「須磨源氏」の続編とも云うべき曲に「住吉詣」があります。登場人物、明石の上、源氏、惟光、従者、侍女、童、住吉神主、社人と総勢十人の大舞台です。源氏物語の名に負けない華やかさです。金剛流に小書き「乱拍子」があります。先年久しぶりに上演され耳目を集めました。
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。