FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.20
Fri
清浄無垢なメルヘンの世界の物語。  

□吉野の僧が早春の都見物に上ります。
一条大宮あたりのいわくありげな古宮に、今を盛りと咲いている梅に見とれていると、人気のない家の陰から女性が現れます。
女は梅の由来を語ります。ここは由緒のある古宮です。この梅の盛りには大宮人達が詩歌管の御遊を催したほどの梅なのです、と語ります。
僧が女の名を尋ねると女は古歌を引いて自分の名は答えようのない海人の子のような、家さえ定まらない者だと答えます。
僧がさらに問うと、私は実は人間ではなく、蝶の精だと名乗り、私は草木の花に縁を結ぶ者ですが、悲しいことに梅花には縁がありません。法華経の功徳によって梅花に結べるようにと姿を変えてお僧の前に現れたのですと語ります。
昔、中国の荘子が夢で蝶になって舞い遊んだという話しや、光源氏が船遊に、胡蝶の舞いを舞わせた話しなどを語り、今夜はこの梅の下にお泊まりなさい夢の中に必ず現れます、と言い残し、夕暮れの空に消えます。
僧は梅の木の下で、読経し、仮寝します。
やがて美しい姿の胡蝶の精が現れ法華経の功力によって梅花に縁を結ぶことができたことを喜び、花に戯れ舞い遊びます。
やがて春の夜も明け方になり霞の中に消えていきます。

□梅花に遊び戯れる胡蝶の舞が楽しい能です。
薄い地色に草花模様の美しい長絹、小面に菜の花や蝶の天冠、童話にも登場する蝶の可憐さです。舞台の正面に置かれた梅の立木の作り物が華やかさをそえます。
この能の舞は舞楽「胡蝶楽」を下敷きに作られているといいます。舞楽「胡蝶楽」は四人の童が背に蝶の羽を負い舞います。
金剛家の倉庫に蝶の羽の作り物があるそうです。いつ頃のものか、上演記録はないそうですが、子供につけて舞わせたのだろうということです。
源氏物語の「胡蝶」の巻を彷彿とさせます。
 蝶の、そのあでやかな姿は、美人にも例えられ、美術工芸品の意匠も数多く使われています。
清らかな梅とあでやかな蝶の取り合わせは、童話の世界の香りがします。
又、仏の道もサラリと語られています。中世の人達の信仰心がおもわれます。
 ※長絹 舞を舞う女の衣装。広袖のたっぷりの上着。羽織って着る。
 ※小面 少女の面。
 ※天冠 冠。日月や鳳凰、蓮、紅葉、牡丹、蔦などを立て何の役かを示す。 

□梅は花の姿と香りに気品があり、日本の花の代表の一つです。
早春に咲き、強い芳香に虫達を誘うが如くですがこの季節には虫はごく稀です。
梅の仲間、バラ科には美しい花を咲かせるものが多く果実も果物としてすぐれものが多い。梅の実はもちろん、リンゴ、桃、桜桃(さくらんぼ)梨などがあります。
梅は中国からの渡来で、観賞用よりも食用だったようです。
梅の字に母がります。中国では、つわりの時、梅の実を食べたといいます。
古から詩歌に詠まれ万葉集では同属の桜よりも多く百数十首に及ぶそうです。

□蝶の生態は、かなり変わっています。蝶すなわち成虫の産んだ卵は孵化して、俗に言う青虫、芋虫と呼ばれる幼虫となり、草や木の葉を食べ成長します。成長した幼虫は成長を止め硬い殻に包まれたサナギになり羽化を待ちます。
芋虫からサナギへ、さらに美しい蝶に変身するなどとは想像しがたく、羽化は劇的です。
幼虫には変わった食性のものがいます。同じ植物の葉しか食べないものがいるのです。
植生の分布が限られるものは、その地にしか棲息できないので、たいがい天然記念物に指定されています。
蝶は短命です。蝶の仲間、蜻蛉(かげろう)は、人の命のはかない喩えに、詩歌に詠まれ、能の台本である謡曲にも多く取り上げられています。
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。