FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.13
Sun
桜は古くから最も日本人に親しまれてきた花です。能では聖君の元での天下太平を「吹く風枝を鳴らさず」と謡います。枝は桜の枝だと思いたいところです。
勿論深刻な能にも桜は登場しますが桜の華やかなイメージが物語に和らぎと深みを与えてくれます。
「嵐山」は天下太平国土安穏を寿ぐ能です。桜が平和と繁栄を象徴しています。

桜の名所、嵐山の桜は吉野の桜を移植したのが始まりです。
嵐山の桜の様子を見てくるようにとの宣旨を受け、勅使が嵐山を訪れます。
嵐山では老夫婦が満開の花を愛で、木の下を掃き清め、そのうえ信心の気配さえ見えます。
不審する勅使に、嵐山の桜は吉野の桜を移し、吉野の二柱の神、子守、勝手の神が来臨する神木であると老人は答えます。
勅使はさらに、桜の花が最も恐れるものは嵐なのに如何して嵐山を桜の名所にしたのかと不審する。名は嵐でも聖君の御代、たとい嵐でも花は散りますまい、老人の答えは明快だった。
老人夫婦は、我々は子守、勝手の神であると名乗り、吉野や嵐山の景勝は神徳の具現であると謡いつつ南の方角、吉野の方へ行ってしまいます。

蔵王権現の末社の神が現れ、吉野の桜を嵐山に移植した由来も語り、子守勝手の二神に勅使を慰めよと命じられたと舞を舞います。

やがてゆったりとした囃、下端(さがりは)に乗って桜の枝を持ち、子守勝手の二神が本体を現し、二神が守った嵐山の花盛りと美景を賛で舞を舞います(中の舞)。舞は神楽を奏する心で舞われるといいます。

神楽の秘曲も度重なり、やがて秘曲に引かれて芳香漂い,瑞雲棚引き、金色の光輝き、蔵王権現が姿を現します。
蔵王権現は諸神の中の荒神、あの世この世に迷う衆生を助け、蓮の葉の如き青い目から光を放って国土を隈なく照らして衆生を救うのだと豪快に舞い満開の桜を賛で、治まる御代を寿ぎます。

蔵王権現は日本で作られた神です。役行者が金峯山の修行中、お告げにより作られたと云います。修験道の本拠、吉野金峯山寺の本尊です。役行者は名を優婆塞(うばそく)また小角(おずの)と云い奈良時代の人で山岳信仰、修験道の祖です。

蔵王権現像は怒髪天を突き、憤怒の形相恐ろしくその形相は悪魔を威嚇、高く上げた右の手足は苦海の衆生を救う姿と云います。
インド渡来の仏教色が濃いが、神仏混交の思想も混じり修験道では550年頃の天皇、安閑天皇を神格化して蔵王権現としています。神道では神代の神々を蔵王権現としています。
明治の廃仏毀釈の難では金峯山寺と末寺を日本の神の社として乗り切ったと云います。
安閑天皇は能「花筐」、継体天皇の第一皇子です。
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。