FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04.22
Sat

小塩(おしお)

カテゴリ:小塩
二条の妃との思い出の地、大原野に老人姿で現れた業平の霊が、盛りの桜の下で花見の男と戯れ言を交わし酔いの足も覚束なく立ち去る。法華経を読みつつ待つ男の前に在りし日の姿で現れた業平が昔詠んだ歌、思い出を語り舞を舞う。

仲間を誘い大原野に花見に来た男達の前に、桜の枝を担いだ奇異な様子の老人が現れる。
老人の身は花を頭に飾っても人は老人には似合わない、ただの木の柴と人は見るだろう。だが桜をみれば心配事もなくなるなどと述懐する。
桜の枝をかざした面白げな姿の老人に花見の男が話しかける。
老人は、山の鹿のような卑しい老人が花見など不似合と思うだろうが外見はともあれ心の中は色も香りも残っているのだとぼけ気味に冗談気味に語り二人の心は解け合う。
男は老人を誘い桜の絶景を共に眺める。老人は昔二条の妃が大原野に行啓の時、人々に衣を賜ったが、業平には妃の御衣を賜ったことを我が身の上のように話す。花見酒は重なり老人は酔い、よろぼいさぞらい、よろめき、さまよい夕霞の中に消える。

花見に来た地元の人に大原野の由来、二条の妃の行幸の子細を聞いた花見男達は老人が業平の霊であると確信し、世俗の人ながら経を読み業平の出現を待つ。
やがて花見車に乗り華やかに、世に在った高貴な姿の業平が姿を現す。業平は貴族の中の貴族、その姿を花見男達に誇示し、昔数々の恋を重ねた物語をその折詠んだ歌を添えて語り、男性ながら優艶と舞を舞い、この小塩山での二条の妃との思い出を忘れまいと花に誓う。桜の下に伏す男たちは業平の出現はたまた業平と二条の妃との物語は夢であろうか現であろうかと夢うつつに思い、それは世の人が決めることだと馥郁とした王朝の夢を見続けた。

本曲は入内前の二条の妃、藤原高子との逃避行、伊勢物語六段の後の物語七十六段を典拠とする。七十六段は妃が業平に昔の想い出を忘れない情けを示した物語。
前段の業平の霊は飄逸な中に何処か上品は老人姿で現れ、盛りの桜を種に二条の妃との思い出をほのめかし遣る方ない業平の心情を描く。
後場では華やかに花見車で登場、数々の恋の遍歴、その時の歌を繰り広げ王朝の華麗絵巻を見せる。優艶な女性の舞「序ノ舞」を舞い「花も忘れじ」と小塩での花の頃の二条の妃との思い出を忘れないと花に誓い留める。

平安を代表する男といえば光源氏、在原業平を誰しも先ず挙げるだろう。光源氏は架空の人物だが業平は実在の人物。在原業平は平安中期の人、聞こえた歌人。業平は皇族だが事情により在原の性を賜り臣下に下った。兄に歌人でもある行平がいる。行平の物語は名曲「松風」に作られている。
業平を主人公にした曲に「雲林院」がある。雲林院は伊勢物語六段、二条妃との逃避行のみを濃密に描い秀作。
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。